読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺこあおむしを比較に比較し「厳選」した1つの商品!エリック

格安
大人の私が見てもきれいな色彩。1歳の娘にはまだストーリーがむずかしいかなと思いました。届いてすぐに1才と3才の子供が何回も見てました。

いまオススメの商品!

2017年03月05日 ランキング上位商品↑

ぺこあおむし エリックはらぺこあおむし改訂 [ エリック・カール ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ストーリーよりも色目が気に入り購入しました。本をバンバンしながら、何か言いながらニコニコして見てました。子供と一緒に絵本の美術館に行ってみたらいかがですか?最近絵本が好きな1歳3ヶ月の娘に購入*\(^o^)/*3日後に届き!ありがたいです!はらぺこあおむしの紐通しもこれからチクチク作ろうとたくらんでます*\(^o^)/*生後5ヶ月の子供のために購入!破れにくいタイプもありましたがサイズが小さいので!破れやすくても見応えのあるこちらを選びました!カラフルで楽しい絵本です!小さい方(ボードブック?)と悩みましたが!やはりこちらで正解でした。ボードブック版の方がよかったかも。大人の目の保養にもオススメです。内容は分からなくとも!カラフルな色使いが目を引く様です。毎日1回は必ず読まされます。ものすごい食いつきで、何度も読んでくれと言ってきます。私もこどもの頃、あおむしが食べた小さな穴が可愛くて大好きな絵本でした。友人にすすめられて購入しました。CD付きと迷いましたが!CD付きは小さいサイズのボードブックなので!普通サイズの本のみのものにしました。じゃあ明日は?」と聞くと!「火曜日!」と言えるようになりました。そして単純だけれどそこが子供の気を引くにはちょうどイイカンジに施されたしかけ。我が子も同じ本を読んで、好きになってもらえるなんて素敵ですよね。穴のあいているところに指を入れて遊んでいますが!この本は紙が薄いため心配です。テンポよい文。今でも毎晩読み聞かせに大活躍です。色使いがカラフルだし、話の内容も好きです♪7ヶ月の息子に買いました。1歳過ぎたころから大好きな本になりました。もう少しお値段がお手頃だといいなと思いました。穴が空いてる本なので興味津々です。私の実家にもあるのですが随分古くなっていたので購入しました。したがって!空前の大ヒットでニュースなどで報道されても気がつけば内容を全然知らないのに!知っているという奇妙な本になっていました。話はあおむしがちょうちょになるまでの単純なものですが、このくらいの子には話うんぬんよりも、きれいなものと出会わせる、目を養うということの方が大事なのかもしれないと思わされた本です。ボードブックも持ち歩きに便利で、激しいバトルでも破けないので、それぞれオススメです。娘はすぐにこの本が1番のお気に入りになりました。子どものために図書館で借りましたが!大変気に入って何度も借りるようになったので!買うことにしました。カラフルで絵本の中に仕掛けもあり、見ていて楽しい絵本です^^買って良かった!。日本語だけの方が絵が大きいです。私自身も小さい頃読んでいましたが、いいものは何年経ってもいいものですね☆ひいおばあちゃんから孫娘にとお小遣いを戴いたので、ママと相談して以前から目をつけていた『だるまさんシリーズ』と『ぷれいぶっく』とこの『はらぺこあおむし』を買うことにしました。うちの子(1歳10ヶ月)はお話より何かクイズ的な(何かを見つけるような)絵本は好きだったので、何かじっくり一緒に読めるもの・・・と思って購入しました。どの子供もこの本の色使いの豊かさには心奪われるはずです。(後でCDは楽オクで入手しました♪)この絵本は定番中の定番なので、孫娘の母親(私の娘)にも小さい頃よく読んであげていましたが、やっぱりエリックカールの色鮮やかな絵と、子どもが好きな繰り返しの要素があるので、孫娘も大変気にいったようです。知り合いから良いよと薦められていた本です。残念ながら読んでもらった記憶はありません。4歳と2歳の息子たちは歌も覚えたので!毎日歌っています♪この本を読むまでは!曜日の感覚は全くなかったけど!「今日は月曜日。子供が生まれたときに英語と日本語が併記されているタイプをかいました。私が子供のころにはまだ出たばかりだったこの本。(*^o^*)~♪子供に絵本を読んであげたくて購入しました。双子なので取り合いが激しく!破けては補正していたのですが!あまりにひどくなったので新調しました。一緒に購入したDVDでまず興味をひいてから本を読みました。はらぺこあおむしはいつの時代もこどもたちのともだちなのですね。なので、子供が2歳半になったのを機に一番売れているらしいこのタイプをはらぺこあおむしの中から購入しました。小さいサイズもありますが、やはりこのサイズがいいと思います。そして最後のページではわぁっと声が上がるかもしれません。